2017年新年会を開催しました☆

一昨日は希望者を募り、「銀座神籬(ひもろぎ)」に集い、
イゾラーラ料理教室の新年会を開催しました。

コラーゲン鍋を組み入れたスペシャルなコース料理は
生徒の皆さまにも大好評。
18名の予約でしたので、一番奥の個室と周辺を陣取り、ゆっくり
話ながら美味しいお料理をいただきました。

お陰様で、騒いでも迷惑を掛けない場所で、盛り上がりました~^^

リラックスしすぎて、写真の撮り忘れもありましたが
Mさんの画像もお借りして、アップしますね。

最初はスパークリングワインで乾杯♪
下の写真は
☆桜えびとサメの軟骨の和え物&
 板かまの野菜添え
a0154793_15445310.jpg
和え物はコリコリした軟骨の食感が効いていて、
どれもさっぱりとしていて美味しい。

☆荒削りパルメザンの緑サラダ(写真なし)


☆鶏肉のサラダ

a0154793_15451527.jpg

お正月明けなので、野菜を多く使ったお料理をリクエストしておきました~
おつまみにも最適なお料理をいただきながら・・・

飲み放題なので、日本酒、ワイン、ノンアルコールのものなど、
好き好きにいただきました。

この日は、大吟醸の繊細で美味しい日本酒や
ボルドーの銘醸赤ワインなどサービスしていただきました☆

そして絶品の
☆「東京しゃも」の焼き鳥 



a0154793_15453769.jpg


いついただいても、軍鶏の適度な歯ごたえを感じつつ、
凝縮した旨味に感動します。

☆自家製つくね 温泉卵付
a0154793_18263412.jpg

美味しいお料理に舌鼓をうちながら、
いよいよコラーゲン鍋かしら・・・
と思っていると、その時にちょっと小休止。

何と!皆さんから・・
昨年の出版をお祝いしての素敵なサプライズ。
昨年のクリスマス会でも
持ち寄りパーティーでお祝いをしたばかりなのに、
教室の生徒さまのおかげなのに、
またまたお祝いしてくださるなんて・・
嬉し過ぎます。
ほんとうにありがとうございました☆


そして宴もたけなわ・・・待望の
☆コラーゲンたっぷりのお鍋
a0154793_15484666.jpg

〆につくる、鶏だしスープのラーメンも感動の美味しさ。


この後、トンボラゲーム(ビンゴ)もしたのです。
5等賞まで調理器具を中心にした賞品、そして、
特別賞では、神籬さまから「お食事券」を
提供していただきました。
おかげさまで、さらに盛り上がりましたよ~^^

コース料理の最後は美味しいデザート
☆こだわり卵の神籬プリン
a0154793_15460580.jpg


皆さまのお陰で、本当に心温まる楽しい会になりました。
ありがとうございました!
2017年、また新たな気持ちでがんばりたいと思います☆


★★★★★★ お知らせ ★★★★★★
初版本 河出書房新社刊 大島節子著 「つくりおきイタリアン」
好評発売中☆
詳細はコチラから
a0154793_174173.jpg








[PR]

# by isolala | 2017-01-15 00:19 | 教室イベント | Trackback

「うるおいアロマ・ハンドマッサージ」開催しました。

昨年のことになりますが、もう一つだけ書き留めておきたい
楽しかったイベントの様子を記しますね~
昨年12月に、希望者を募り「うるおいアロマ・ハンドマッサージ」を
開催しました♪
「持ち寄り食事会」後の14時30分からの開催。
代官山で「アロマリース」というサロンを運営していらっしゃる
midori先生に1回完結の講座を3回お願いしました。

a0154793_21312415.jpg


a0154793_21322306.jpg


和気藹々と楽しく、且つ真面目にアロマの基礎知識を
伝えていただきました。
後半は、ハンドクリームを自分たちで作ったんですよ~☆

a0154793_21354119.jpg

これがローズベースの香りでうっとり。
お陰様で、大好評でした。

ハンドマッサージも教えていただいたのですが・・・
私の場合それはさぼって;
とにかく眠る前に布団に入ってから、手に塗ります。
そのまま手を鼻孔にかざすと
良い香りに包まれて、そのまま眠っています。

忙しかった12月、そしてお正月も終わり・・・
今日は少しのんびりしていますので、
今夜はゆっくりハンドマッサージをして眠ることにしますね☆

midori先生、素敵な講座をありがとうございました!
ご参加の皆さま、ありがとうございました☆

★★★★★★ お知らせ ★★★★★★
初版本 河出書房新社刊 大島節子著 「つくりおきイタリアン」
好評発売中☆
詳細はコチラから
a0154793_174173.jpg







[PR]

# by isolala | 2017-01-07 22:03 | 教室イベント | Trackback

2017年が始まりました☆

皆さま良いお正月を迎えられたことと思います。
今年もどうぞよろしくお願い致します。

昨年のことになりますが、
遅ればせながら備忘録として書き留めておきたいことを記します。

12月のレッスンは持ち寄りパーティー形式にさせていただきました。
というのも、昨年はお陰様で、レシピ本を出版させていただくという
記念すべきことがありました。

会員さんも本当に喜んでくださり、
結局、12月のレッスンは各クラス持ち寄りパーティーとして、
出版を記念する会+クリスマス会+忘年会・・・
のような形式になりました。
この会は、
自著の「つくりおきイタリアン」の中から、生徒さんが
一人一品ずつ作って持ってきてくださるという
本当にしみじみと嬉しい会でした☆

写真はクラス毎ではなく、まとめて全クラス分を一気にアップしますね~

a0154793_18310077.jpg


a0154793_20204928.jpg

a0154793_21505158.jpg

銘々取り分けて、スプマンテで乾杯♪
a0154793_20230263.jpg
a0154793_20283337.jpg

a0154793_21551558.jpg


a0154793_19215740.jpg

下の写真、持ち寄りのミネストローネや鶏肉のカチャトーラは温めて・・

a0154793_19400502.jpg



私は過去のレシピの中から、各クラス毎
メイン料理の一品を担当し、デモンストレーションしました。
こちらもまとめてアップします~

☆牛肉のバローロ煮

a0154793_18391693.jpg

☆牛肉のペポーゾ(写真なし)

☆豚肉の塩釜焼き

a0154793_19540099.jpg

☆地鶏肉のオーブン焼き

a0154793_19595943.jpg

皆さま、本当にありがとうございました!
今年もまた、新しい気持ちで食の探求を続けます。
どうぞよろしくお願いします☆

(このスペシャルなイベント期間中、例年の12月イベントのお楽しみ会も
催行しました。遅れ遅れのブログですが・・・・
その様子は次回アップいたします~)

★★★★★★ お知らせ ★★★★★★
初版本 河出書房新社刊 大島節子著 「つくりおきイタリアン」
好評発売中☆
詳細はコチラから
a0154793_174173.jpg







[PR]

# by isolala | 2017-01-05 23:48 | その他 | Trackback

しゃも鍋って・・・美味しい!

先日、銀座神籬(ひもろぎ)で、しゃも鍋の美味しさに目覚めました~☆

こちらのお店は今年6月に開店した「東京しゃも」をいただけるお店です。

a0154793_15532675.jpg

実は開店前から、メニューの開発に参加させていただきました。

この日も監修させていただいた創作料理の中から
2品を選びました~
☆鶏レバーのクロスティーニ
a0154793_15595423.jpg

☆ファッロ(スペルト小麦)のサラダ
a0154793_1602113.jpg

上記をワイン片手に、前菜のようにいただいた後、
絶品「やきとり」を~・・
良い流れです♪

☆ささみの塩焼き
a0154793_15581093.jpg

ほそく刻んだ青紫蘇との組み合わせが絶妙。

☆むね皮巻き
a0154793_1631459.jpg

皮も香ばしくて美味しい。

☆特製つくねと温泉卵
a0154793_164184.jpg

温泉卵にからめながらいただきます~

どのやきとりもうまみを生かしきった絶妙な焼き加減・・・
職人技です。

そして、しゃも鍋は・・・

やきとりが美味しいので、鍋物も美味しいのは
当たり前なのですが・・・これが、ほんとうに美味しくてびっくり・・!

a0154793_165351.jpg


冬の間にまた、あのしゃも鍋を囲みたいなぁ・・☆

★★★★★★ お知らせ ★★★★★★
初版本 河出書房新社刊 大島節子著 「つくりおきイタリアン」
好評発売中☆
詳細はコチラから
a0154793_174173.jpg



[PR]

# by isolala | 2016-12-25 17:40 | 好きなお店 | Trackback

「黒オリーブのペースト」のデモ&実習☆

先月の話になってしまいますが、”よみうりカルチャー恵比寿”での
「イタリアンで常備食」講座について、備忘録としてこちらに記します。

予め自宅で作った黒オリーブペーストのブルスケッタを
ご試食いただきながらの座学・・
そして、イタリアから持ち帰ったリグーリア州の
オリーブの実「タッジャスカ」についての説明後、
黒オリーブペーストを作り、
パスタやたらのソテーに組み合わせました。

:テキストから抜粋した画像:

a0154793_13290292.jpg

調理台を囲んでのデモンストレーションと実習は、
お陰様で、充実した楽しい会となりました。
ご参加くださった皆さま、ありがとうございました☆

★★★★★★ お知らせ ★★★★★★
初版本 河出書房新社刊 大島節子著 「つくりおきイタリアン」
好評発売中☆
詳細はコチラから
a0154793_174173.jpg



[PR]

# by isolala | 2016-12-20 13:48 | 外部仕事 | Trackback

2016年教室ツアー☆最後の日はミラノにて・・

旅行記の続きです。

2016年10月19日 火曜日

皆さんといっしょにホテルの朝食を済ませた後、
空港で皆さんをお送りする予定だったが、
ミンマさんが空港まで行き、搭乗手続きをしてくださることになった。
大さんとミンマさんにお任せして、
ホテル前で、専用バスに乗ってマルペンサ空港に行く皆さんと写真を撮って
お別れした。

a0154793_20311501.jpg
             (注:ほとんどの人物写真にはボカシを入れています)

その後私は、ミラノ中央駅から
列車で北イタリアのパドバへ向かった。
a0154793_20331074.jpg

以上、今回の2016年ピエモンテ教室旅行記を終えます。

10月の末に帰国してあっという間に師走です。
忙しさに紛れ滞りがちになった旅行記・・教室ツアーの分は
何とか終えました。
その後の一人研修旅行記は
またあらためて別枠にアップします。

今回の旅は、企画を「Di Grande」の石田氏に
お任せし、現地では通訳のミンマさんがご同行、
その他にもブラやミラノでは現地のガイドさんにも
案内していただきました。
お陰様で目が行き届き、生徒さまにも喜んでいただけました。

下の写真はピエモンテの絶景のワイナリーで、カメラにおさまりきれないから
「大さん、横になって」と言われて、おさまった集合写真です^^

いつも大さんが撮ってくださったので、
彼が一緒の写真があまりないのですが
珍しく全員揃った写真をアップして、旅行記を締めくくりますね~☆
a0154793_20333503.jpg

大さん、ミンマさん、現地でお世話になったみなさま、
そしてご一緒したイゾラーラ会員の皆さま、
どうもありがとうございました!
Grazie mille!!


次回からは通常のブログにもどります・・・

★★★★★★ お知らせ ★★★★★★
初版本 河出書房新社刊 大島節子著 「つくりおきイタリアン」
好評発売中☆
詳細はコチラから
a0154793_174173.jpg

[PR]

# by isolala | 2016-12-07 21:30 | 教室イベント | Trackback

2016年教室ツアー☆ミラノのナヴィッリオ地区での夕食

旅行記の続きです。

2016年10月19日 ②

夜はホテルの近くからバスに乗ってナヴィッリオ地区に行った。

昼間の市街観光の際の
ガイドさんの話を思い出した・・
ミラノには、むかし人工運河がたくさんあって、
ドゥオーモ建築のための大理石などの運搬にも
運河が盛んに利用されていた・・
第2次世界大戦後は、交通の便宜のため、ほとんどの運河が埋められたが、
ナヴィッリオ地区の運河は残っているという話だった。

下の写真は夜の運河の様子。
a0154793_001763.jpg

夜なのであまりよく見えなかったが、若者向けのファッションや
おしゃれな飲食店もあるようだ。
夕食は、そんなナヴィリオ地区にある家庭料理のお店に入った。
今回の旅行で常に皆と行動を
共にしてくださっているミンマさんおすすめのミラノ家庭料理のお店♪
照明が暗く、静かな雰囲気だったので、手早く備忘録撮影~


☆ソーセージなどの盛り合わせ
a0154793_035766.jpg
真ん中のカップの中には
ゴルゴンゾーラクリーム・・パンにつけて食べると
美味しい・・

生ハムも美味しい・・・これが
アンティパストなので、コースの最後まで少しずつ・・
少しずつ・・
a0154793_043371.jpg

☆お芋のフリット
何とお芋の皮のフライだった。
あくまでも皮が主人公のおいも・・・皮が
香ばしくて意外な美味しさ!
でも揚げパンも付いていて、これは
もう食べきれない。
これがアンティパスト・・・ミラノの下町で人気がある料理・・
ミラノ在住のミンマさんの説明に頷きながらも・・すでにお腹がいっぱいに
なってしまった。
a0154793_0164492.jpg
赤ワインを飲みながら、
気合を入れて、リゾットを少しだけ・・・

☆ミラノ風リゾット
a0154793_051686.jpg

これがサフランが効いていて、お米にもしっかりとお肉ベースのブロードがしみこんでいて
とても美味しかった。
そしてメイン・・・
☆ミラノ風カツレツ&肉団子のフリット
a0154793_055022.jpg

皆でシェアした・・・が本当にフリットが多い。
そして、それにともない、
じゃがいもが3種類出てきた。


・じゃがいものフリット(フライドポテト)
a0154793_09623.jpg

・マッシュポテト
a0154793_094369.jpg

・オーブン焼きのポテト
a0154793_08512.jpg
なるほど切り方や調理法をかえたじゃがいもは、
お腹がいっぱいになるし、一応野菜ということで、
定番家庭料理になったのかしら・・

サフラン味のリゾットやうす~くのばしたコトレッタなど、どれも家庭的で
美味しかった・・・量があまりに多くて残してしまったのは残念だったけれど。

お店の前で記念撮影をして、地元民のような気分で、路線バスに乗って、ホテルまで戻った。

明日はいよいよ
教室ツアー最終日・・・
その様子はまた~

つづく・・・
★★★★★★ お知らせ ★★★★★★
初版本 河出書房新社刊 大島節子著 「つくりおきイタリアン」
好評発売中☆
詳細はコチラから
a0154793_174173.jpg

[PR]

# by isolala | 2016-12-06 23:04 | 教室イベント | Trackback

2016年教室ツアー☆ミラノ「最後の晩餐」鑑賞

旅行記の続きです。

2016年10月18日 火曜日
 
午前中、皆で地下鉄に乗ってドゥオーモに行った。
地下鉄から階段を上ると大聖堂が見える。
a0154793_23124268.jpg

世界最大のゴシック建築の建物・・やはり貫禄があって
美しい。
ヴィットーリオ エマヌエーレ2世のガレリアまで歩き、
アーケードに入った。
天井が高くて、
ドーム型のガラスの屋根を見るたびに
鉄枠とガラスと白い光が織りなすデザインに見とれてしまう。
a0154793_23142246.jpg

下に目を移すと、プラダなどのブランドショップなどが目に入る・・
もっと下に目を移すと足元の床のモザイクが美しい。
a0154793_23181871.jpg

写真は、ローマの紋章、ローマ建国の伝説である
オオカミに育てられたロムルスとレムスがモザイクになっている。

その他にもトリノの紋章、牡牛などのモザイクがあり、
牡牛のある部分にかかとをつけて3回まわりながら
願い事をするとかなうという言い伝えがある。
13名全員一人ずつ回転して♪それぞれ願掛けをしながら回った。
天井からの自然光の中一人一人ちょっと照れながら
回転する様子は晴れやかで楽しかった♪

そこから、ガイドさんと一緒にスカラ座まで歩いた。
皆で相談して、モンテナポレオーネ通り(有名ブランド街)
に行くグループと、ガッレリアとデパートを周る
2つのグループに分かれた。

それぞれ買い物も済ませ合流して、徒歩で
スフォルツェスコ城付近に向かった。

途中にはエクスポのなごりのモニュメントがあった。
a0154793_23334935.jpg

その建物の近くのピッツェリアで昼食・・・石釜もあって、
ナポリから出店している名店らしく、美味しかった。
☆ピッツァマリナーラ
a0154793_23272832.jpg

☆アンチョビとオリーブのピッツァ
a0154793_23294125.jpg

☆揚げ物の盛り合わせ
a0154793_2330134.jpg

揚げ物は、ナポリ名物のツェッポレやズッキーニの花のフリットや
アランチーニなど。
その他にも農園風サラダなどをシェアした。

午後はいよいよ「最後の晩餐」鑑賞・・・
15時頃の予約時間まで、時間があったので、
先にセンピオーネ公園内にあるスフォルツェスコ城を見学。
a0154793_1143922.jpg

a0154793_23415875.jpg

広々として中世の煉瓦の様や色が何とも言えず美しい。

ガイドさんの説明によると、この広い建物の中には
10くらいの美術館や博物館があるらしい。
分厚い芸術文化をもつイタリア・・・
その中の展示物にも事欠かないだろうなぁと思った。

その後、サンタンブロージョ聖堂も見学した。
a0154793_2357641.jpg

この聖堂はミラノ最古のものという説明があった。
ロマネスク様式が細部に見られて、
興味深かった。
a0154793_041268.jpg


いよいよ、
サンタマリア デッレ グラーツェへ
レオナルドダヴィンチ作「最後の晩餐」は、
30年前に観賞したことがあった。当時は修復前で、
色もオリジナルより暗くなっていた・・それはそれで重厚感があって
感動したのだが、やはり、今回の
修復後の再会にもまた、ワクワクしていた。
a0154793_23535719.jpg

敷地内の修道院のある食堂の壁画・・・
小学生の時に教科書で見た絵が現実に目の前に現れるのだから
・・・・それはすごいこと。

今回も目に飛び込んできた瞬間、身震いがした。
・・・カメラを向ける時間が惜しいと思った。
目に、脳裏に焼き付けた。
15分と言う限られた時間は案外短くはなかった。
心ふるえる充実した時を過ごした。

多くの人にこれほどまでの感動をあたえるもの・・・
素晴らしい芸術に、至福のときをいただいた。
出口近くのはがきや本を眺めながらクールダウンした。
a0154793_12375254.jpg



夕方、ホテル近くまで戻り、近くのスーパーマーケットをのぞいてから
ホテルの部屋で少しだけ休んで、
夕食に出かけた。その様子は次回また~
つづく・・・


★★★★★★ お知らせ ★★★★★★
初版本 河出書房新社刊 大島節子著 「つくりおきイタリアン」
好評発売中☆
詳細はコチラから
a0154793_174173.jpg

[PR]

# by isolala | 2016-12-01 00:07 | 教室イベント | Trackback

2016年教室ツアー☆スローフード協会訪問&ミラノ散策

旅行記の続きです。

2016年10月17日 月曜日

今や世界に広まっているスローフード・・・
カンタンに言えば、マクドナルドに代表されるような
ファーストフードに対するスローフードである。
その利便性を最重要とするファーストフードの流行は、
おのずと伝統的な食文化や調理法を変える方向に
向かった。
そのため、食文化の荒廃や人々の健全な暮らしや健康を
損なっていくのではないかという危機感を
抱いた数名のイタリア人によって、ブラという町で発足した。
今回のツアーを企画してくださった大さんのおすすめで、
午前中はその本部を訪問した。

シンボルマークのかたつむりが唯一の目印。
a0154793_13542821.jpg

a0154793_12234119.jpg


広報の方のスライドを使いながらのスローフード協会の歴史や
地産地消、伝統食材の保護などのとりくみについての
世界各国での活動状況などの説明があった。

その後は、観光ガイドさんといっしょに散策。
a0154793_12283660.jpg

突き当りににある
カドゥーティ ペル ラ リベルタ広場周辺が中心地らしい。
・ブラ市役所
a0154793_12294320.jpg

・サンタンドレア教会
a0154793_1230521.jpg

・サンタマリア デリ アンジェリ教会
a0154793_12301976.jpg

中世を思わせる歴史的建造物見学し、
月曜日の静かなブラの町を後にした。

専用バスに乗ってミラノに向かう途中、ドライブインにて昼食。
連日のごちそうを小休止して、
各自ピッツアなどの軽食をチョイス。
夕食に備えて調整^^


15時頃、大都会ミラノに到着。
まずはミラノのシンボル・・
・大聖堂ドゥオーモ
a0154793_1426514.jpg


主な市内観光は明日・・・今日は、夕食まで、
デパートとその付近で買い物をした。
帰国の日も近づいてきたし、田舎も良いけど都会も良いわ~
ということで、皆さまの買い物意欲に拍車がかかる(笑)
a0154793_14274981.jpg

デパートの中で、調理器具を見る人、洋服を見る人、カバンを見る人、
休憩して休む人など様々。

各自買い物の後、ドゥオーモの近くの
ワインバーで夕食
やはり
アンティパストのメニューがとても充実していたので、
ミラノ在住のミンマさんとも相談しながら、あれこれ注文した。
☆カルネクルーダ
a0154793_1442229.jpg

☆焼ポレンタとペースト
a0154793_1444898.jpg

☆カルチョーフィの酢漬け
a0154793_1445399.jpg

その他にも野菜サラダやシンプルなトマトソース味のパスタなど
シェアした。どれも美味しくてワインがすすんだ。
スプマンテがしみる~美味しい。
a0154793_1525925.jpg

ワインをお供に、リラックスできた。
明日もう一度買い物する時間があるということで、
買ったものを見せ合ったり、情報交換したりして
盛り上がった。

食後はホテルに戻り、予定の確認・・・
明日はいよいよ「最後の晩餐」を鑑賞。
その様子は次回また~

つづく・・・


★★★★★★ お知らせ ★★★★★★
初版本 河出書房新社刊 大島節子著 「つくりおきイタリアン」
好評発売中☆
詳細はコチラから
a0154793_174173.jpg









 
[PR]

# by isolala | 2016-11-30 23:44 | 教室イベント | Trackback

2016年教室ツアー☆トリュフ祭り&トリュフ香る夕食

旅行記の続きです。


2016年10月16日 日曜日 ②

トリュフ祭りで賑わうアルバの街を散策。
パスタをこねるマンマがいたり、
a0154793_14331610.jpg

自家製ハーブが売られていたり、
a0154793_14342647.jpg

昔の印刷術のワークショップのようなものもあった。
活字を組み合わせ並べた版を使い印刷するところ
などを見学した。
a0154793_1435329.jpg

すごい人混みながら、テーマはとてものどかな雰囲気だった。

ブラブラ歩いて、トリュフ祭りの会場に入った。
いきなりトリュフの香りが、攻めてくる勢い・・・
a0154793_14414364.jpg

トリュフはケースに入って、宝石のような扱い。
a0154793_1442074.jpg

a0154793_2144931.jpg


トリュフの陳列の他に、
フレッシュ感の残るサラミの販売・・
試食の楊枝が
目の前に差し出される・・思わず試食~
この辺りのサラミは本当に美味しい。
a0154793_19263496.jpg

ピエモンテのチーズを試食したり、
ワインコーナーもあったので、居合わせたグループで
注文♪
ロエロのアルネイスを試飲~
すっきりとしていて、果実感があって美味しい。
アスティスプマンテを飲んだ人は、
甘口なのにすっきりして好み~・・・いうことで、
お祭り気分も盛り上がった。

トリュフの香りに酔ったのか、ワインに酔ったのか
ほろ酔い気分で会場を後にして、再び賑やかな通りに出た。
いくつかのグループに分かれて
調理器具店やセレクトショップ、イナウディ食材店、
バッグの名店などをのぞきながら散策した。

歩き疲れて、オープンカフェで何となく集合し、
専用車を待ちつつ、休憩。
皆で買ったものや店員さんとのやり取りなど
を報告し合いながら・・・爆笑した。

夕食はアルバの小さなお城のなかにある
リストランテ「カステッロ サンタ ヴィットリア」で、
トリュフを味わった。
テーブルについてまず運ばれてきたのはトリュフ・・
a0154793_2024367.jpg

このトリュフを使いますのでね・・・ということで。期待を膨らませる演出^^

泡もの~フランチャコルタで乾杯~
ワインと共に始まった夕食・・・
トリュフの香りがフワッと香りながら白いお皿が
テーブルへ・・・ひらりひらりとのっかっているトリュフに
テンションも上がる。
☆フォンデュータ トリュフとともに 
Fonduta con tartufo bianco
a0154793_2025944.jpg

溶かしたチーズとのバランスはとてもよく美味しい。
全部いただいてしまうと、コースの最後までたどりつけないかも・・・
と思いながらも、これを残す気にはなれず完食。

そして次のお皿は・・・
☆パルミッジャーノのリゾット トリュフとともに 
 Risotto alla parmigiana con tartufo bianco
a0154793_20255045.jpg

ピエモンテはやはり、チーズよく使うのよねーとつぶやきながら、
美味しくいただく。

メインのお肉は・・・
☆豚肉のスティンコ 季節の野菜添え
Stinco di maialino con le verdure di stagione
a0154793_212556.jpg

すね肉をとても柔らかく料理してあり、素朴な美味しさだった。
ドルチェは
☆パンナコッタ 赤いフルーツ添え
Panna cotta con frutta rossi
a0154793_20575211.jpg

濃厚で美味しいピエモンテのコース料理・・・バター、チーズ、クリームを
使っているので、やはりだんだん積み重なっていく感じになってしまって、
苦しくなったが、トリュフ料理は美味しくて満足だった。

専用バスで、アルバの宿へ向かう。
盛りだくさんな一日・・ベッドに入って直ぐに熟睡。

翌日は午前中、ブラに立ち寄ってスローフード協会に立ち寄った後、
午後はミラノへ向かった。その様子は次回また~

つづく・・・


★★★★★★ お知らせ ★★★★★★
初版本 河出書房新社刊 大島節子著 「つくりおきイタリアン」
好評発売中☆
詳細はコチラから
a0154793_174173.jpg

[PR]

# by isolala | 2016-11-29 23:26 | 教室イベント | Trackback