2016年教室ツアー☆最後の日はミラノにて・・

旅行記の続きです。

2016年10月19日 火曜日

皆さんといっしょにホテルの朝食を済ませた後、
空港で皆さんをお送りする予定だったが、
ミンマさんが空港まで行き、搭乗手続きをしてくださることになった。
大さんとミンマさんにお任せして、
ホテル前で、専用バスに乗ってマルペンサ空港に行く皆さんと写真を撮って
お別れした。

a0154793_20311501.jpg
             (注:ほとんどの人物写真にはボカシを入れています)

その後私は、ミラノ中央駅から
列車で北イタリアのパドバへ向かった。
a0154793_20331074.jpg

以上、今回の2016年ピエモンテ教室旅行記を終えます。

10月の末に帰国してあっという間に師走です。
忙しさに紛れ滞りがちになった旅行記・・教室ツアーの分は
何とか終えました。
その後の一人研修旅行記は
またあらためて別枠にアップします。

今回の旅は、企画を「Di Grande」の石田氏に
お任せし、現地では通訳のミンマさんがご同行、
その他にもブラやミラノでは現地のガイドさんにも
案内していただきました。
お陰様で目が行き届き、生徒さまにも喜んでいただけました。

下の写真はピエモンテの絶景のワイナリーで、カメラにおさまりきれないから
「大さん、横になって」と言われて、おさまった集合写真です^^

いつも大さんが撮ってくださったので、
彼が一緒の写真があまりないのですが
珍しく全員揃った写真をアップして、旅行記を締めくくりますね~☆
a0154793_20333503.jpg

大さん、ミンマさん、現地でお世話になったみなさま、
そしてご一緒したイゾラーラ会員の皆さま、
どうもありがとうございました!
Grazie mille!!


次回からは通常のブログにもどります・・・

★★★★★★ お知らせ ★★★★★★
初版本 河出書房新社刊 大島節子著 「つくりおきイタリアン」
好評発売中☆
詳細はコチラから
a0154793_174173.jpg

[PR]

# by isolala | 2016-12-07 21:30 | 教室イベント | Trackback

2016年教室ツアー☆ミラノのナヴィッリオ地区での夕食

旅行記の続きです。

2016年10月19日 ②

夜はホテルの近くからバスに乗ってナヴィッリオ地区に行った。

昼間の市街観光の際の
ガイドさんの話を思い出した・・
ミラノには、むかし人工運河がたくさんあって、
ドゥオーモ建築のための大理石などの運搬にも
運河が盛んに利用されていた・・
第2次世界大戦後は、交通の便宜のため、ほとんどの運河が埋められたが、
ナヴィッリオ地区の運河は残っているという話だった。

下の写真は夜の運河の様子。
a0154793_001763.jpg

夜なのであまりよく見えなかったが、若者向けのファッションや
おしゃれな飲食店もあるようだ。
夕食は、そんなナヴィリオ地区にある家庭料理のお店に入った。
今回の旅行で常に皆と行動を
共にしてくださっているミンマさんおすすめのミラノ家庭料理のお店♪
照明が暗く、静かな雰囲気だったので、手早く備忘録撮影~


☆ソーセージなどの盛り合わせ
a0154793_035766.jpg
真ん中のカップの中には
ゴルゴンゾーラクリーム・・パンにつけて食べると
美味しい・・

生ハムも美味しい・・・これが
アンティパストなので、コースの最後まで少しずつ・・
少しずつ・・
a0154793_043371.jpg

☆お芋のフリット
何とお芋の皮のフライだった。
あくまでも皮が主人公のおいも・・・皮が
香ばしくて意外な美味しさ!
でも揚げパンも付いていて、これは
もう食べきれない。
これがアンティパスト・・・ミラノの下町で人気がある料理・・
ミラノ在住のミンマさんの説明に頷きながらも・・すでにお腹がいっぱいに
なってしまった。
a0154793_0164492.jpg
赤ワインを飲みながら、
気合を入れて、リゾットを少しだけ・・・

☆ミラノ風リゾット
a0154793_051686.jpg

これがサフランが効いていて、お米にもしっかりとお肉ベースのブロードがしみこんでいて
とても美味しかった。
そしてメイン・・・
☆ミラノ風カツレツ&肉団子のフリット
a0154793_055022.jpg

皆でシェアした・・・が本当にフリットが多い。
そして、それにともない、
じゃがいもが3種類出てきた。


・じゃがいものフリット(フライドポテト)
a0154793_09623.jpg

・マッシュポテト
a0154793_094369.jpg

・オーブン焼きのポテト
a0154793_08512.jpg
なるほど切り方や調理法をかえたじゃがいもは、
お腹がいっぱいになるし、一応野菜ということで、
定番家庭料理になったのかしら・・

サフラン味のリゾットやうす~くのばしたコトレッタなど、どれも家庭的で
美味しかった・・・量があまりに多くて残してしまったのは残念だったけれど。

お店の前で記念撮影をして、地元民のような気分で、路線バスに乗って、ホテルまで戻った。

明日はいよいよ
教室ツアー最終日・・・
その様子はまた~

つづく・・・
★★★★★★ お知らせ ★★★★★★
初版本 河出書房新社刊 大島節子著 「つくりおきイタリアン」
好評発売中☆
詳細はコチラから
a0154793_174173.jpg

[PR]

# by isolala | 2016-12-06 23:04 | 教室イベント | Trackback

2016年教室ツアー☆ミラノ「最後の晩餐」鑑賞

旅行記の続きです。

2016年10月18日 火曜日
 
午前中、皆で地下鉄に乗ってドゥオーモに行った。
地下鉄から階段を上ると大聖堂が見える。
a0154793_23124268.jpg

世界最大のゴシック建築の建物・・やはり貫禄があって
美しい。
ヴィットーリオ エマヌエーレ2世のガレリアまで歩き、
アーケードに入った。
天井が高くて、
ドーム型のガラスの屋根を見るたびに
鉄枠とガラスと白い光が織りなすデザインに見とれてしまう。
a0154793_23142246.jpg

下に目を移すと、プラダなどのブランドショップなどが目に入る・・
もっと下に目を移すと足元の床のモザイクが美しい。
a0154793_23181871.jpg

写真は、ローマの紋章、ローマ建国の伝説である
オオカミに育てられたロムルスとレムスがモザイクになっている。

その他にもトリノの紋章、牡牛などのモザイクがあり、
牡牛のある部分にかかとをつけて3回まわりながら
願い事をするとかなうという言い伝えがある。
13名全員一人ずつ回転して♪それぞれ願掛けをしながら回った。
天井からの自然光の中一人一人ちょっと照れながら
回転する様子は晴れやかで楽しかった♪

そこから、ガイドさんと一緒にスカラ座まで歩いた。
皆で相談して、モンテナポレオーネ通り(有名ブランド街)
に行くグループと、ガッレリアとデパートを周る
2つのグループに分かれた。

それぞれ買い物も済ませ合流して、徒歩で
スフォルツェスコ城付近に向かった。

途中にはエクスポのなごりのモニュメントがあった。
a0154793_23334935.jpg

その建物の近くのピッツェリアで昼食・・・石釜もあって、
ナポリから出店している名店らしく、美味しかった。
☆ピッツァマリナーラ
a0154793_23272832.jpg

☆アンチョビとオリーブのピッツァ
a0154793_23294125.jpg

☆揚げ物の盛り合わせ
a0154793_2330134.jpg

揚げ物は、ナポリ名物のツェッポレやズッキーニの花のフリットや
アランチーニなど。
その他にも農園風サラダなどをシェアした。

午後はいよいよ「最後の晩餐」鑑賞・・・
15時頃の予約時間まで、時間があったので、
先にセンピオーネ公園内にあるスフォルツェスコ城を見学。
a0154793_1143922.jpg

a0154793_23415875.jpg

広々として中世の煉瓦の様や色が何とも言えず美しい。

ガイドさんの説明によると、この広い建物の中には
10くらいの美術館や博物館があるらしい。
分厚い芸術文化をもつイタリア・・・
その中の展示物にも事欠かないだろうなぁと思った。

その後、サンタンブロージョ聖堂も見学した。
a0154793_2357641.jpg

この聖堂はミラノ最古のものという説明があった。
ロマネスク様式が細部に見られて、
興味深かった。
a0154793_041268.jpg


いよいよ、
サンタマリア デッレ グラーツェへ
レオナルドダヴィンチ作「最後の晩餐」は、
30年前に観賞したことがあった。当時は修復前で、
色もオリジナルより暗くなっていた・・それはそれで重厚感があって
感動したのだが、やはり、今回の
修復後の再会にもまた、ワクワクしていた。
a0154793_23535719.jpg

敷地内の修道院のある食堂の壁画・・・
小学生の時に教科書で見た絵が現実に目の前に現れるのだから
・・・・それはすごいこと。

今回も目に飛び込んできた瞬間、身震いがした。
・・・カメラを向ける時間が惜しいと思った。
目に、脳裏に焼き付けた。
15分と言う限られた時間は案外短くはなかった。
心ふるえる充実した時を過ごした。

多くの人にこれほどまでの感動をあたえるもの・・・
素晴らしい芸術に、至福のときをいただいた。
出口近くのはがきや本を眺めながらクールダウンした。
a0154793_12375254.jpg



夕方、ホテル近くまで戻り、近くのスーパーマーケットをのぞいてから
ホテルの部屋で少しだけ休んで、
夕食に出かけた。その様子は次回また~
つづく・・・


★★★★★★ お知らせ ★★★★★★
初版本 河出書房新社刊 大島節子著 「つくりおきイタリアン」
好評発売中☆
詳細はコチラから
a0154793_174173.jpg

[PR]

# by isolala | 2016-12-01 00:07 | 教室イベント | Trackback

2016年教室ツアー☆スローフード協会訪問&ミラノ散策

旅行記の続きです。

2016年10月17日 月曜日

今や世界に広まっているスローフード・・・
カンタンに言えば、マクドナルドに代表されるような
ファーストフードに対するスローフードである。
その利便性を最重要とするファーストフードの流行は、
おのずと伝統的な食文化や調理法を変える方向に
向かった。
そのため、食文化の荒廃や人々の健全な暮らしや健康を
損なっていくのではないかという危機感を
抱いた数名のイタリア人によって、ブラという町で発足した。
今回のツアーを企画してくださった大さんのおすすめで、
午前中はその本部を訪問した。

シンボルマークのかたつむりが唯一の目印。
a0154793_13542821.jpg

a0154793_12234119.jpg


広報の方のスライドを使いながらのスローフード協会の歴史や
地産地消、伝統食材の保護などのとりくみについての
世界各国での活動状況などの説明があった。

その後は、観光ガイドさんといっしょに散策。
a0154793_12283660.jpg

突き当りににある
カドゥーティ ペル ラ リベルタ広場周辺が中心地らしい。
・ブラ市役所
a0154793_12294320.jpg

・サンタンドレア教会
a0154793_1230521.jpg

・サンタマリア デリ アンジェリ教会
a0154793_12301976.jpg

中世を思わせる歴史的建造物見学し、
月曜日の静かなブラの町を後にした。

専用バスに乗ってミラノに向かう途中、ドライブインにて昼食。
連日のごちそうを小休止して、
各自ピッツアなどの軽食をチョイス。
夕食に備えて調整^^


15時頃、大都会ミラノに到着。
まずはミラノのシンボル・・
・大聖堂ドゥオーモ
a0154793_1426514.jpg


主な市内観光は明日・・・今日は、夕食まで、
デパートとその付近で買い物をした。
帰国の日も近づいてきたし、田舎も良いけど都会も良いわ~
ということで、皆さまの買い物意欲に拍車がかかる(笑)
a0154793_14274981.jpg

デパートの中で、調理器具を見る人、洋服を見る人、カバンを見る人、
休憩して休む人など様々。

各自買い物の後、ドゥオーモの近くの
ワインバーで夕食
やはり
アンティパストのメニューがとても充実していたので、
ミラノ在住のミンマさんとも相談しながら、あれこれ注文した。
☆カルネクルーダ
a0154793_1442229.jpg

☆焼ポレンタとペースト
a0154793_1444898.jpg

☆カルチョーフィの酢漬け
a0154793_1445399.jpg

その他にも野菜サラダやシンプルなトマトソース味のパスタなど
シェアした。どれも美味しくてワインがすすんだ。
スプマンテがしみる~美味しい。
a0154793_1525925.jpg

ワインをお供に、リラックスできた。
明日もう一度買い物する時間があるということで、
買ったものを見せ合ったり、情報交換したりして
盛り上がった。

食後はホテルに戻り、予定の確認・・・
明日はいよいよ「最後の晩餐」を鑑賞。
その様子は次回また~

つづく・・・


★★★★★★ お知らせ ★★★★★★
初版本 河出書房新社刊 大島節子著 「つくりおきイタリアン」
好評発売中☆
詳細はコチラから
a0154793_174173.jpg









 
[PR]

# by isolala | 2016-11-30 23:44 | 教室イベント | Trackback

2016年教室ツアー☆トリュフ祭り&トリュフ香る夕食

旅行記の続きです。


2016年10月16日 日曜日 ②

トリュフ祭りで賑わうアルバの街を散策。
パスタをこねるマンマがいたり、
a0154793_14331610.jpg

自家製ハーブが売られていたり、
a0154793_14342647.jpg

昔の印刷術のワークショップのようなものもあった。
活字を組み合わせ並べた版を使い印刷するところ
などを見学した。
a0154793_1435329.jpg

すごい人混みながら、テーマはとてものどかな雰囲気だった。

ブラブラ歩いて、トリュフ祭りの会場に入った。
いきなりトリュフの香りが、攻めてくる勢い・・・
a0154793_14414364.jpg

トリュフはケースに入って、宝石のような扱い。
a0154793_1442074.jpg

a0154793_2144931.jpg


トリュフの陳列の他に、
フレッシュ感の残るサラミの販売・・
試食の楊枝が
目の前に差し出される・・思わず試食~
この辺りのサラミは本当に美味しい。
a0154793_19263496.jpg

ピエモンテのチーズを試食したり、
ワインコーナーもあったので、居合わせたグループで
注文♪
ロエロのアルネイスを試飲~
すっきりとしていて、果実感があって美味しい。
アスティスプマンテを飲んだ人は、
甘口なのにすっきりして好み~・・・いうことで、
お祭り気分も盛り上がった。

トリュフの香りに酔ったのか、ワインに酔ったのか
ほろ酔い気分で会場を後にして、再び賑やかな通りに出た。
いくつかのグループに分かれて
調理器具店やセレクトショップ、イナウディ食材店、
バッグの名店などをのぞきながら散策した。

歩き疲れて、オープンカフェで何となく集合し、
専用車を待ちつつ、休憩。
皆で買ったものや店員さんとのやり取りなど
を報告し合いながら・・・爆笑した。

夕食はアルバの小さなお城のなかにある
リストランテ「カステッロ サンタ ヴィットリア」で、
トリュフを味わった。
テーブルについてまず運ばれてきたのはトリュフ・・
a0154793_2024367.jpg

このトリュフを使いますのでね・・・ということで。期待を膨らませる演出^^

泡もの~フランチャコルタで乾杯~
ワインと共に始まった夕食・・・
トリュフの香りがフワッと香りながら白いお皿が
テーブルへ・・・ひらりひらりとのっかっているトリュフに
テンションも上がる。
☆フォンデュータ トリュフとともに 
Fonduta con tartufo bianco
a0154793_2025944.jpg

溶かしたチーズとのバランスはとてもよく美味しい。
全部いただいてしまうと、コースの最後までたどりつけないかも・・・
と思いながらも、これを残す気にはなれず完食。

そして次のお皿は・・・
☆パルミッジャーノのリゾット トリュフとともに 
 Risotto alla parmigiana con tartufo bianco
a0154793_20255045.jpg

ピエモンテはやはり、チーズよく使うのよねーとつぶやきながら、
美味しくいただく。

メインのお肉は・・・
☆豚肉のスティンコ 季節の野菜添え
Stinco di maialino con le verdure di stagione
a0154793_212556.jpg

すね肉をとても柔らかく料理してあり、素朴な美味しさだった。
ドルチェは
☆パンナコッタ 赤いフルーツ添え
Panna cotta con frutta rossi
a0154793_20575211.jpg

濃厚で美味しいピエモンテのコース料理・・・バター、チーズ、クリームを
使っているので、やはりだんだん積み重なっていく感じになってしまって、
苦しくなったが、トリュフ料理は美味しくて満足だった。

専用バスで、アルバの宿へ向かう。
盛りだくさんな一日・・ベッドに入って直ぐに熟睡。

翌日は午前中、ブラに立ち寄ってスローフード協会に立ち寄った後、
午後はミラノへ向かった。その様子は次回また~

つづく・・・


★★★★★★ お知らせ ★★★★★★
初版本 河出書房新社刊 大島節子著 「つくりおきイタリアン」
好評発売中☆
詳細はコチラから
a0154793_174173.jpg

[PR]

# by isolala | 2016-11-29 23:26 | 教室イベント | Trackback

2016年教室ツアー☆「ボッコンディヴィーノ」でランチ

旅行記の続きです。


2016年10月16日 日曜日 ①

スローフード協会が推奨する
「オステリア・ボッコンディヴィーノ」に到着。
a0154793_1914776.jpg

6年ぶりの再訪。外観は全く変わっていない。
a0154793_19193278.jpg

ピエモンテ州の郷土料理のコース・・・
アンティパストは時計まわりに
☆ラルド、ソーセージ、カルネクルーダLardo,Salsiccia,carne cruda
a0154793_195157.jpg

地元の料理はやはり
地元のネッビオーロ種の赤ワインとの相性も良い~^^
a0154793_1963151.jpg


a0154793_1985060.jpg

☆第一の皿はアニョロッティ・デル・プリンAgnolotti del plin
a0154793_197172.jpg

ローズマリーの香りのするバターソースで絡めてある。

バローロで煮込んだ仔牛肉・・
☆ブラサートアルバローロBrasato di vitello al barolo
a0154793_199674.jpg

☆ボネ
a0154793_19103436.jpg

ヘーゼルナッツの香りが良い~^^

どのお料理も気取りのない盛り付けながら
伝統にのっとった郷土料理で、美味しかった。

ランチの後、白トリュフ祭りで賑わうアルバの町に戻った。
夕方まで商店街を散歩したり、トリュフ祭り見学をしたり・・・
その様子は次回また~

つづく・・・


★★★★★★ お知らせ ★★★★★★
初版本 河出書房新社刊 大島節子著 「つくりおきイタリアン」
好評発売中☆
詳細はコチラから
a0154793_174173.jpg

[PR]

# by isolala | 2016-11-25 20:04 | 教室イベント | Trackback

2016年教室ツアー☆アルバのトリュフ狩り

旅行記の続きです。

2016年10月16日 日曜日

トリュフ狩りに行った・・
正確に言えば、トリュフ狩りに同行し見学した。
これが想像以上に盛り上がった。

山林に入る前、入口で優しそうなトリュフ狩人の方に
トリュフそのものの説明やトリュフ狩りの歴史などの
説明を伺った。
a0154793_22382255.jpg

犬好きの多い
旅行参加者の熱い視線は、
このロッキーという名のワンちゃんに注がれていたようだ。

トリュフ犬は生まれた時からその使命をもって
育てられるのだとか。
「トリュフを探すとおいしいものがもらえる」と
学習させられる。

さあ、トリュフを探しに山の中へ。
犬が走るので、皆も走りながら山を駆け抜ける~
何だかトリュフを見つけたい犬の高揚感が
伝わったのか、楽しい気分でワンちゃんを追いかける。
あっ見つかったみたい!
狩人がワンちゃんを制して、私たちを
待っている。
a0154793_2248541.jpg


a0154793_22485591.jpg

a0154793_22494435.jpg


ここ掘れワンワン、狩人が掘ってみると正にトリュフが出てくるのだからすごい。
手にのせてもらう。
a0154793_22521523.jpg


狩人の方がポケットからビスケットのようなものを
素早く出してワンちゃんに与えた。よかったね~
a0154793_20552420.jpg

さあ次のトリュフ求めて走る。
ワンちゃんが掘ろうとするのを制し、
a0154793_20251983.jpg

私達が追いつく。
ワンちゃん掘る。
途中から狩人が
シャベルでそっと掘る。
今度は白トリュフらしい・・・意外にも地中深くにあり、
傷つけないように掘り出す狩人・・
石のような塊・・・白トリュフ!
a0154793_20245063.jpg

走ってドキドキしているのか、トリュフを見て高揚しているのか
ワンちゃん同様、ハイな気分になった。



ひと仕事終えた狩人とワンちゃんとミンマさん・・・この風景を思わず撮影。

a0154793_22571751.jpg

バスを降りたところまで戻った。

a0154793_22574415.jpg


トリュフを持って記念撮影。この日結局、黒2個、白2個のトリュフをゲットできた狩人はとても嬉しそう。
撮影後は直ぐに返してね・・・と言う彼の言葉が既にバシャバシャというカメラ音にかき消された・・・
さあ、貸してくださったトリュフをそっと手にのせて記念撮影
a0154793_2258794.jpg

バスの中で「あのワンちゃん可愛い、かしこい、えらい」と皆で絶賛。
ごほうびの小さなビスケットのために夢中で土を掘っていたワンちゃん、
けなげだなぁ・・・


バスはアルバの町に到着。
時間があったので少し立ち寄った。トリュフ祭りで賑わっていた。
昼食の後でまたゆっくり来られるので、ちょっとだけ散歩。
その後、スローフード発祥の町「ブラ」に向かった。
昼食はブラの名店「ボッコン・ディ・ヴィーノ」で。
その様子は次回に~

つづく・・・

★★★★★★ お知らせ ★★★★★★
初版本 河出書房新社刊 大島節子著 「つくりおきイタリアン」
好評発売中☆
詳細はコチラから
a0154793_174173.jpg

[PR]

# by isolala | 2016-11-13 22:41 | 教室イベント | Trackback

2016年 教室ツアー☆ピエモンテ州のワイナリー訪問②

旅行記のつづきです。


2016年10月15日 土曜日 午後
昼食はラ・モッラの丘にあるリストランテで簡単なコース料理
各自、興味のあるワインを選んで料理とともに
味わった。

a0154793_20325501.jpg


私はお肉に合わせて、アルバのドルチェットを試してみた。
a0154793_0232521.jpg

気軽に飲む地元のテーブルワインという印象。
コース料理は、
☆トーマチーズのクロスティーニなどアンティパスト
a0154793_23555082.jpg


☆ピエモンテ牛のワイン煮と野菜のコントルノ

a0154793_20530639.jpg

a0154793_20551871.jpg

カフェで締めくくった。


この後、「Castello di verdunoカステッロ ディ ヴェルドゥーノ」という
レストランもあるワイナリーへ。
門を入るとホテルのような建物があり裏庭には小さな畑もあった。
a0154793_00231714.jpg

菜園を散歩~
セージやローズマリーなどのハーブや野菜を見た後、
醸造所を見学。
a0154793_0115998.jpg

a0154793_0112848.jpg



夕方、いよいよパスタ教室が始まった。
ホテルの厨房で、女性シェフにパスタを習った。
a0154793_00112921.jpg
ニョッキ用じゃがいもをマッシュ中~
a0154793_02122211.jpg
                  
皆で協力して20人分くらいのパスタを作った。

a0154793_00210351.jpg
a0154793_00212624.jpg


パスタ作りが終わってホールのソファで休憩~
そこへロゼのスプマンテ(Castello di verduno製)が登場~
美味しかった。
a0154793_21321118.jpg


a0154793_00301180.jpg

夕食はバルバレスコ(Castello di verduno製)とともに味わった。
a0154793_23521346.jpg


☆じゃがいものニョッキ セージバターソース

a0154793_00404903.jpg

☆菜園風タリアテッレ 
a0154793_00414863.jpg

☆シャーベット、洋梨のコンポスタ ザバイオーネソース
a0154793_00430240.jpg
自分たちでこねたパスタはやはり特に美味しい~
ザバイオーネも濃厚で美味しかった。

夜遅くアルバの宿泊地へ。
明日はトリュフ狩り。

その様子は次回また~

つづく・・・


★★★★★★ お知らせ ★★★★★★
初版本 河出書房新社刊 大島節子著 「つくりおきイタリアン」
好評発売中☆
詳細はコチラから
a0154793_174173.jpg





[PR]

# by isolala | 2016-11-12 23:01 | 教室イベント | Trackback

2016年教室ツアー☆ピエモンテ州のワイナリー訪問①


2016年10月15日 土曜日

今日は、ワイナリー訪問日和のお天気になった。
アグリ2日めの今朝は食堂からのワイン畑が目に優しい。
ガラス越しのパノラマが素晴らしい。
一通りカメラにおさめたら・・・
       
a0154793_13394745.jpg

a0154793_13483085.jpg

a0154793_13474252.jpg


いちじくのジュース、フルーツ、クロスタータ、ビスコッティなど
各自自由にエネルギー補充。(人物写真はあえてぼかしています)
ジョルジョ&ブルーナ夫妻に挨拶をして、
専用バスでバローロのワイナリーに向かった。


まずは「チェレット」社のワイン畑を見学。

a0154793_14320592.jpg
近代設備の整ったワイン醸造所を見学。

a0154793_14542342.jpg
a0154793_14390410.jpg

a0154793_15144107.jpg
a0154793_15152384.jpg
アルネイス、バルバレスコ、バローロの3種を試飲
アルネイスは果実味があり後味にほんのり甘みを感じる。
バルバレスコはすみれの花の香りがあり、口に含むとブラックベリーの
香りがした。酸味があるが洗練されている。
バローロはダークチェリーを思わせる香り、
口に含むと肉料理にマッチするはずのタンニンも感じた。
ヘーゼルナッツをみんなでつまみながら
自由に試飲。

その後、ラ・モッラの丘に行った。
丘の上の展望台からの
ランゲの丘陵地帯。この辺り一帯は「景色が世界遺産」に
なっている。人の心を惹きつけて離さない・・いつまでも
見ていたい景色だった。
a0154793_15483176.jpg
この展望台の近くのリストランテで昼食。
その様子はまた次回に~

つづく・・・


★★★★★★ お知らせ ★★★★★★
初版本 河出書房新社刊 大島節子著 「つくりおきイタリアン」
好評発売中☆
詳細はコチラから
a0154793_174173.jpg



[PR]

# by isolala | 2016-11-06 23:22 | 教室イベント | Trackback

2016年教室ツアー☆ヘーゼルナッツ農家&お菓子工房

旅行記の続きです。

2016年10月14日 金曜日午後
 
午前中はチーズ工房で過ごし、午後はヘーゼルナッツ農家に行った。
ピエモンテ州はヘーゼルナッツの名産地。
ヘーゼルナッツの木をよく見かけた。
a0154793_1151239.jpg

a0154793_1831129.jpg

実が熟し自然に木からおちたものを収穫して、選別する。
この場合、大きさではなく香りや質が基準となる。
a0154793_13395923.jpg

下の写真は
乾燥して煎る器具
a0154793_191628.jpg

a0154793_13402130.jpg

煎ったものを数粒試食~
香ばしくて美味しい。

菓子工房に移動、
「バーチディダーマ」貴婦人のキッスと言う意味の
ヘーゼルナッツ入りの郷土菓子から、順に試食~
a0154793_18392593.jpg

ヘーゼルナッツ入りチョコレート菓子
a0154793_18402072.jpg

やはりヘーゼルナッツの香ばしさが際立っている。

バーチディダーマを作ろうかな、
ヘーゼルナッツを混ぜこんだチョコレートのケーキがいいかな・・・
そんなことを思い描きながら、教室用に購入。

その後、バスでお菓子屋さんを訪れた。
2階の工房で、ベテランのパティシエールのデモンストレーションを見学。
香ばしいヘーゼルナッツをペースト状にしてチョコレートに混ぜ込む過程や、
チョコレート作りではとても大事な「テンパリング」の作業などを見学した。
a0154793_195427.jpg

a0154793_1934726.jpg

ここでも試食・・
フィノッキオシードや胡椒に
チョコレートをコーティングしたものなどは食後酒の
お供に良さそう。
a0154793_1973275.jpg

階下の売店で、チョコレートなどを購入。

夕方、宿泊先のアグリに戻り、部屋に荷物を置いて夕食。
アグリのワイン・・・シャルドネー種の発泡性ワイン、
ドルチェット種、そして最後に、バルベッラ種の美味しいワインと共に、
皆で夕食のテーブルを囲んだ。

・アグリのワイン ドルチェットアスティ(Yさん撮影)
a0154793_225739.jpg

・ペペロナータなどのアンティパスト(写真ナシ)

・野菜ときのこのスフォルマート
a0154793_1858398.jpg

・ポレンタのフォンドュータ
a0154793_18585649.jpg

・ホロホロ鳥のワイン煮と人参のコントルノ(Y子さん撮影)
a0154793_2223414.jpg

・カスタニャッチョとボネの盛り合わせ
a0154793_2262492.jpg


アグリのお料理はピエモンテの代表的な郷土料理が
盛り込まれていて、楽しく美味しかった。

明日はいよいよ
ワイナリー見学!
その様子は次回に~

つづく・・・

★★★★★★ お知らせ ★★★★★★
初版本 河出書房新社刊 大島節子著 「つくりおきイタリアン」
好評発売中☆
詳細はコチラから
a0154793_174173.jpg

[PR]

# by isolala | 2016-11-04 23:14 | 教室イベント | Trackback